庭のプルーンでジャムを作ってみた

この記事は約1分で読めます。

庭のシュガープルーン。

プルーンの収穫
今年初めて開花したので受粉したところ、結実し始めたプルーン。 今はこんなに大きくなり、特にここ1週間は甘さもずいぶん増してきました。 そこでここ数日は、毎日出勤時に数個もいで昼食のデザートにしています。 そして、近日中に台...

今日、晩秋の雪の降る前に強剪定をしました。

これが今年最後の収穫です。

シワが寄ってますが、完熟で甘さも高めです。

せっかくなので、ジャムにすることにしました。

まずは果実を半分にして種を取ります。


重さを量ったら328g。

砂糖を40%としたら131g必要です。

しかし手元にあったのは三温糖70g。

まあシュガープルーンだし甘さ控えめでよいか…と思いながら棚を見ると、

はちみつが鎮座していました。

プルーンに三温糖を振りかけてしばらく置いたのち、鍋で煮込みます。

アクが出たら取ります。

ここではちみつを投入。

さらに煮詰めると外皮が分離してホルモンのようになってきますので、皮を取りました。

完成です。

さっそくヨーグルトに乗せて食べてみました。

おいしいです。
ただちょっと焦がしてしまった香ばしさが(´・ω・`)
はちみつの粘度を甘く見てたかと。

レシピ

プルーン…328g
三温糖…70g
はちみつ…50g

すべて手元にあった材料で作ってみました。

コメント