西洋剃刀

剃刀

ストレートレザーGold Dollar W59のコンケーブを削り、円線刃として改造

2年ほど前にEbayで買ったストレートレザー、 Gold Dollar W59。 当時はEbayで1200円台、しかも送料無料という良き買い物でした。一見いかつい格好で、刃先も尖ってるし、扱いづらそうな印象を持ちました。 しかし刃背の波状突起...
DIY

庭の山椒の枝から本レザーのスケールを自作

去年山椒を剪定したときの枝。すりこ木でも作ろうかと取っておいていましたが、何の気なしにこの枝を眺めてたら、つい「これを本レザーのスケールにしてみたい」などという不埒な願望が沸いてきました。 一刀両断 まず両側面に平面を作るため、突起部分を肥後守...
DIY

刃を研ぐ習慣とは、成長のための能動的な行動

令和最初の投稿です。突然ですが、Franklin Plannerというシステム手帳があります。 この手帳には、単なるスケジュール管理や備忘録といった普通のシステム手帳とは大きく違う特徴があります。 Franklin Plannerの特徴を誤解を...
剃刀

西洋剃刀のスケールを交換してみました

以前、スケールを3Dプリンタで印刷した、中華の格安ストレートレザー「Gold dollar 208」。その後ヤフオクで、極めて安価な新品のスケールを2個見つけたので、落札し入手しておきました。どれだけ安かったかと言いますと、2個送料...
剃刀

西洋剃刀を入手して約3か月、多少剃れるようになったかも…

およそ3ヶ月前、中華製の格安西洋カミソリ「Gold Dollar 208」を買いました。初めてのマイ西洋カミソリです。 しかし買ってすぐ私が多忙になったこともあり、この西洋カミソリで剃る機会がありませんでした。 多忙で剃る機会がないとい...
剃刀

西洋カミソリ、Gold Dollar 208のスケールを3Dプリント

やらかしてしまいました… 先日、金属製両刃ホルダを煮沸消毒したとき、ついでにGold Dollarも煮沸消毒しようと一緒に鍋で煮てしまいました。 そのせいでスケールがふにゃふにゃになってしまい、もとに戻すことが困難になってしまいました。 あまりのショ...
剃刀

研ぐことから西洋カミソリを始めてみようと「Gold Dollar 208」と砥石を入手

どっぷりと両刃カミソリの良さにはまっていますが、 もともと両刃カミソリの世界に飛び込んだきっかけは、カートリッジカミソリの替刃の高コストに嫌気が差したことでした。 今では両刃カミソリの低いランニングコストそっちのけで、替刃やホルダを複数種使い分けて違いを...