自宅ADSL環境をACCAに移行

この記事は約2分で読めます。

自宅回線のプロバイダはここ4-5年、ずっとDionを使ってました。
昔auとkddi pocketを利用してた影響です。

Dionはair-Hのパケット通信にいち早く対応してたり、航空会社のマイレージに交換できたり、外国に行ったとき現地のアクセスポイントを使えたりなど、当時はメリットがありました。
そのauは今は会社携帯に置き換わり、kddi pocketはメーカー自体がwillcomになり、既にAir Edge接続がどこのプロバイダでも一般的になった今、私にとってDionのメリットは次第に無くなってきました。

それでもプロバイダ乗り換えは、メルアド登録先の変更手続きのことを考えると、昨日まではどうにも気が進みませんでした。

今日やっとプロバイダを変更しました。

理由は「乗り換えキャンペーンと称して、月1000円程度安いプランが見つかったから」そして「たまったポイントはマイレージに交換できるから」です。
そんな現金な動機に釣られて乗り換えたので、ADSLが8M→12Mになったことによる速度アップには全然期待してませんでした。

が今日つなげてみると速い速い。
以前のダウンロード速度は大体毎秒60-70KBぐらいだったのが、今では130-140ぐらいと、倍の速度になってました。

伝送モードは、ルータ設定画面を見ると「G.992.1 Annex.C(XOL)」となっていました。

計測サイトでの計測結果です。
回線種類 :ADSL
回線名称 :ACCA 12M
下り速度 :1.5M(1,492,313bps)
上り速度 :0.4M(423,165bps)
線路距離長:3740m
伝送損失 :48dB

このスピードはADSL各社比較のページによると、大体この線路長での平均値ですね。

このサイトだと、この線路長ではACCAがお勧めになっています。
IP電話もタダで利用(通話料はかかりますがもちろん固定電話より安い)できるようになりましたし、乗り換えは大成功でウマーです。