アームライトのベースクランプを端材で自作

この記事は約1分で読めます。

昔ニトリで買ったアームライト。

1,000そこそこの値段だったかと。
でも買ってすぐベースクランプが壊れてしまいました。
それからこのライトはしばらく退蔵していました。

そんなときThingiverseにてこのようなものを発見。

Lamp Mounting Block by tchotchke
Mounting block to use an Ikea Tertial Lamp with a small 1 inch c-clamp. Hole for the clamp is 14mm, hole for the lamp is 13mm. Printed with an E3D Volcano, ...

 

早速プリントし、再びこのアームライトが日の目を見るようになりました。

しかし…

インフィルを増やしたり側面や上程面も厚くして、より頑丈にしたものを再プリントすることもできます。

しかし

それよりは木工のほうが早くて簡単

と思って作ったのがこちら。

2×4の端材にドリル穴を空け、カシューで塗装しただけのものです。

スタビリティが大幅にアップし、このライトアームの特徴である遠距離にスポットを延長できるようになりました。

実作業は

  1. ちょうど手頃な端材があった
  2. 口径の合うドリルビットがあった
  3. 別のものを塗装する用もあった

が奏功し、ドリルでの穴あけと塗装だけでさらっと済みました。
時間は5分以内。

道具と作業環境って本当重要。

コメント