あちこちで運営してた複数ブログを1つのWordPressマルチサイトにまとめました

この記事は約5分で読めます。

あちこちのサーバー・ブログサービスで運営してた別ジャンルの複数ブログを、

WordPressマルチサイトで1つにまとめることにしました。

1つにまとめた理由はいろいろありますが、直接のきっかけは

htaccessが改ざんされる
先日、自分のドメインでWordPressを運営している別サイトを、iPhone表示で見るためiPhoneで開いたら別のURLにリダイレクトし「ウイルスに感染しています」のようなメッセージのページが表示されました。 噂には聞いていましたが、でもこのサイトは...

昨年受けたサイト改ざん被害です。
その以前にも1度被害を受けていますので、昨年で2回目になりました。

昨年の被害をきっかけに、サイト作製とアップロード先の選択の際の方針は、それまでの

  • 格安
  • 高機能

から、

  • 堅牢・安定
  • 管理工数少

に変わりました。

従って、今までは色々なCMSを機能を追求すべく試していましたが、今後は、メンテナンスが頻繁に入り使いやすいものに集中させることにします。

これまで運営してた複数のブログはすべて別ドメインで、それぞれ全く違うサイトでした。

これが管理工数が多い要因でもありますが、今は昔と違いIP分散の効果もなくなっているので、それぞれ個別に運営する必然性がなくなってきています。

既にたくさんのアクセスがありそのままBloggerで存続させる1つのブログを除いた、あちこちで別テーマでたくさん作ってきたブログすべてを、

マルチサイト機能を使った1つのWordPress内に集める

ことにしました。

さて、WordPressでマルチサイトにするには、主に

  1. サブドメイン形式
    hogehoge.localharvestsupply.com/
  2. サブディレクトリ形式
    localharvestsupply.com/hogehoge/

の2通りの方法があります。

なおこのほかにWordPressマルチサイトでは「マルチドメイン形式」も出来ますが、これを機会にドメイン自体もいくつか手放しドメインも1つにまとめることにしたので、選択肢から外しています。

サブドメイン形式とサブディレクトリ形式それぞれの特徴を比較する

サブドメイン形式とサブディレクトリ形式を比較すると、それぞれの特徴があります。

サブドメイン形式
  • メリット:各サイトの独立性が高く、それぞれの専門性を維持できる
  • デメリット:ドメインパワーを共有しづらい
サブディレクトリ形式
  • メリット:各サイトの共通性が高く、それぞれのサイト間で同じドメインパワーを共有できる
  • デメリット:各サイトの専門性が下がる

各ブログはもともと全くバラバラのジャンルだったということもあることから、1箇所にまとめるにしても当初は各々の専門性を維持するため「サブドメイン形式」で運営しようと考えていました。

しかし今回まとめるにあたって初めて、全くジャンルの違うそれぞれのブログ全部を一括して俯瞰してみたら、一見異なって見えるこれらの

私のサイトには「DIY」という共通のコンセプトが横たわる

ことに気付きました。

余談ですが、私は自分個人に高い価値があるとは思っていませんが、自分がやっている事には、多少の価値はあるんじゃと思っていました。
これまで興味がいろんなものに目移りし、それぞれについてその都度ブログをせこせこ立ち上げていました。
今回の複数ブログをまとめる作業を通じて、自分がやって来た色々なものが結局は全てがDIYに通じていたという発見は、もしかして自分=「DIY」なんじゃね?と感じています。

一つにまとめるたくさんのブログ間の共通コンセプトを見つけましたので、今回複数ブログをまとめるにあたり、そのDIYという共通のコンセプトを強めてドメインを育てるため、

サブディレクトリ形式でマルチサイトを作成する

ことにすることにしました。

サブディレクトリ形式にすることにより、サブドメイン形式だと必要だったワイルドカード設定が不要なので、導入可能なレンタルサーバーの選択肢が増えます。

今回は過去の2回の被害の際にいずれも無傷だった、外国IPをアクセス制限できるサーバー「MiniBird」に設置することにしました。

MiniBirdを再契約してからおよそ半年にわたって、いくつかのブログをここに移転してきました。
本年2月には長年契約したcoreserverを終了し、昨日Bloggerからようやく最後のブログの移転を終えることが出来ました。

ドメインが1本にまとまるので、これまで使っていたドメインは有効期間の残りはリダイレクト専用になります。
有効期間が終わったドメインは解約を予定しています。

解約することにより、年間のWEBサイト運営関連費用は

サーバーMiniBird2436
ドメインnet(1個)12741274
biz(2個)29801490

6,690円となり、

2012年以前 … 23,534円

2013年 … 13,414円

2015年 … 12,312円

2017年 … 6,690円ですから、大幅削減です。

すでにドロップシッピングサイトは閉鎖しており、WEB収入はアフィリエイト1本です。

上記の費用だとアフィリエイト収入内に収まり黒字です。

追記

複数ブログを一つのWordPressにまとめたのちのPVの変化や、さらにその4か月後マルチサイトを止めてシングルサイトに統合したことを別記事にしています。
是非ご覧ください。

WordPressマルチサイトで運営してた複数のブログを、一つのブログに統合しました
3ヶ月半前の話になりますが、あちこちのサーバーやブログサービスに分散して書き散らかしてたいくつものブログを、一つのWordPressにまとめました。 WordPressマルチサイトという機能を使えば、同じシステム内で複数のブログを一元管理できます。 ...

コメント