Debian lennyなThinkPad240Zで無線LAN

この記事は約1分で読めます。

Debianインストールまではネットワーク接続に有線LANを使ってました。
Debianインストール後はNECの「Aterm WL11CA」という無線LANのPCカードを使って、ネットワークに接続するつもりです。

ついては今日は、

lennyなTP240Zを、無線LAN仕様にしよう

と思っていました。

一時期TP240Zに入れて使っていたubuntuには、ネットワーク接続ツールにnetwork-managerが入ってました。
これは無線LANと有線LAN、または複数の無線LANアクセスポイントといった、切り替えが必要な時の操作が大変簡単なアプリです。
debian etchにもインストールして使っていました。

当然、今回のlennyにもインストールしようと思い・・・
lennyを起動。
おや、パネルのタスクトレーにetchと違うアイコンが現れます。

右クリックすると、アクセスポイントと強度が表示されてます。
なんとnetwork-managerが、最初から入っていました。

さらに、NECの無線LANカードも、何もしなくても認識されているようです。
WEPを設定/保存したら、あっさりつながりました。