ブログ

ギター練習2ヶ月でようやく自分の利き手を自覚。コンバートのためレフティのギターを購入

この記事は約8分で読めます。

思えば、人生ずっと新しいことを始めるときにはまず

左右どちらから始めようか?

という無意識な岐路が必ずあったような気がします。
今回の「ギター」という左右を選ぶ分岐点は、これまでの岐路のなかで一番大きなもの。

先日、人生初のギターを買いました。

人生初ギターはIbanez、アンプ代わりはiPadのGarageBand
なんとこの年齢になってから楽器を始めるとは…。 色々なことに手を付けては沼るタイプなことは自覚してます。 それでも今回はさすがに意外でした。 音楽は苦手な分野だったので。 楽器の存在自体が青春コンプレックスでした。 そのギターを始めたくなったキッカケは、同...

この最初の1本のギターを購入する時も、

左右を選ぶ岐路では「左右どちらを選ぶか」を人生の最初から振り返っていました。

自分の利き手考

作業経緯
字を書く小さいころに左から右に矯正
箸を持つ小さいころに左から右に矯正
後に左でも下手なりに出来るように
丸ノコ流通してる道具がほぼ右利き用なので
ハサミ小学校時の家庭科教材で裁鋏を選択するとき
若干安かった右用を選んで以来
髭剃り/包丁研ぎ両方ずっと左だったけど両手で使えるようにした
ドライバー回し/
刷毛塗り
どちらに固定することのないまま今に至り
両手使えることの便利さを堪能中
爪切り右手の爪は右手で切れず、左手の爪は左手で切れない
カミソリ研ぎ練習途上でまだ左でしか出来ない
包丁は両方で研げるのに
ラケットスポーツ道具に左右の差がないと分かったときから左に固定
カッター物心ついたときから左
絶対失敗できないときは左用のカッターを使うけど
普段は右利き用のカッターを左手で使用
ボール投げ物心ついたときから左
腕時計当初は左腕に装着して右で龍頭操作
いつの間にか右腕に装着し左で操作するように

ギターを選ぶ当時の自分は「結局利き手って慣れの問題?」と捉え、このときは自分の利き手を両利きとしました。
教本などの学習が右利き向けな環境だそうですし、

一番最初は右利き用で始めました。

右利き用ギターでの練習は、1ヶ月経ってようやくパワーコードまで到達したのは前回の記事でもふれたとおりです。

練習時間が全くとれないので進捗は各駅停車の遅々としたものです。
すれ違うのは準急列車。
でも最低寝る前の5分だけはと出来るだけ毎日触るようにしていました。

練習開始からひと月、左手の押弦で困ることは全くありませんでした。

しかしその前回の記事直後、教本での学習段階はアルペジオに入りました。
すると

アルペジオだと、右手でのピッキングが全然無理でした。

どのように無理かというと、ピッキングの手を見ないと狙った弦を弾くことが出来ません。

試しにふと、右利き用ギターを左向きに持ち直してみて、ピッキングを左手にしてみました。

すると不思議なことに、ものの数分で同じことが出来るようになりました。

しかもなぜかピッキングのストレスは軽減されていました。

利き腕を言い訳にギターを断念したくありません。
左利きのギターに持ち替えることを視野に入れ、ここで改めて「左右を選ぶ岐路」を検証してみました。

自分たぶん左利き

両利きだと思ってギターは右で始めました。
でも両利きだと思っていた主な行動「箸・文字・ハサミ」は、いずれも子供のころからの訓練の結果。

字は下手だし、文字とアクションが似てる「刷毛塗り」は今は両手使いです。

  • 子供のころから訓練し、それ以外の選択肢に戻れない
  • 道具の制約上右でしか出来ない

以外のことは、結局全て左で行ってます。

ということは、元々の利き手は「左」だけど制約上右で馴らしてきた、とも考えられます。

ギターにはせっかく左用もあるんだし、道具の制約はありません。

さまざまなネット上の助言には、「左利きが右利きギターで始めるメリット」もあります。
たしかに私がもっと若ければ、そのメリットを享受するために利き腕のハンデは時間と気合で克服しようとしたと思います。

しかし既にいい年になってから始めるギターの訓練は、初めから利き手と思われる左で訓練するほうが良いんじゃ?
左利きが右利きギターで始めるメリットがあるのなら、それはそのままそっくり「右利きが左利きギターで始めるメリット」もあるはずで、だとするなら左利きギターの流通量はもっと多くなるんじゃ?

たまたまとてつもない忙しさで、ギターを5分でも触るということが出来ないときが続いたこともあり、利き手問題は1ヶ月近く結論が先送りになりました。

1ヶ月悩んだ挙句、

両方の利き手用にギターをそれぞれ用意する

ことに決めました。

「道具のせい」という退路を断つためです。

これは若いころと比べて多少のお金が自由に出来るような年齢になってこそ可能な最終手段です。

完全初心者の自分にこれまで付き合って貰った1本目の右のIbanezと出来るだけ同じような環境にしたいと思い、2本目もGIO Ibanezにしようと探しました。
レフティのIbanezを探してたら、海外通販のThomannが割安でした。

Thomann Lefthanded Guitars
Lefthanded Guitars at Europe's largest retailer of musical instruments - fast delivery, 30-Day Money-Back Guarantee and 3-year T...

Thomannは、ぼっち・ざ・ろっく!の喜多ちゃんギター「GibsonレスポールJr・ダブルカッタウェイ」のレプリカモデルがヤフオクやメルカリで転売されてる「Harley Benton」のオンラインショップでもあります。
なおそのHarley Bentonは「ドイツのPlaytech」と呼ぶ方もいらっしゃるような、初心者の味方の価格設定のギターブランドだそうです。

このThomannで見つけたレフティのIbanezはこちらです。

Ibanez GRG121DXL-WNF

Thomannでマイニューギアりました…

左右のGIO Ibanezを揃えたことで、利き手を言い訳にする退路を断ちました。

その結果、

購入したその日から右利き用のギターを触ることは皆無になりました。

この投稿の約10日後の後日、アマゾンにも在庫が復活しました。

今から購入される際はこちらからご購入される方がはるかに割安です。

Thomannでの購入体験

UPS配送は97€と高額でしたが、ポチってから5日ほどで届きました。

Thomannのアカウントでこのようにトラッキング出来ます。

届いたときに国内配送のヤマトに着払いで消費税を払う必要がありました。
消費税の課税対象は商品価格の60%、およそ1800円ほどでした。

ギター練習アプリ「Fretello」の3ヶ月無料体験つき

Thomannでギターを購入したら「ギターラーニングのデジタルチュートリアル・Fretello」の3ヶ月無料体験が付きました。

ギター発送と同時に、

Your download license for Fretello Pro Guitar Lessons 3 months

と題されたメールがアクティベーションコード付きで届き、Fretello Proを利用することが出来るようになりました。

試しにiPadにアプリを入れて使ってみました。

このようなTAB譜が横スクロールで流れ、TAB譜に目が馴れていきます。

またこのFretelloはiPadのマイクで生音を拾うので、正しくない音を出したりすると横スクロールが止まり、その音が正しくないことを教えてくれます。

Fretelloによって、独学のデメリット「どこまで出来ればステップクリアなのかわからない」が解消され、これまで全部独学で進めてきた自分にとっては今の立ち位置をゆっくり再確認できる良さを感じました。

最初は試しに使ってみただけのFretelloのおかげでTAB譜に馴れることが出来ました。
3ヶ月後にサブスクを有償で延長するかどうかはまだ決めていませんが、今後延長を検討する余地はありそうです。

レフティギターを購入して一月が経過

レフティギターを購入したというこの記事をアップするタイミングは「両方の利き手のギターを持ちながら、今後どちらにするかが決まったとき」と考えていました。

レフティギターを購入した後はさらに超多忙状態が続き、最近は最低5分の毎日の練習も確保できない状態が多いです。

その多忙の中、逆に気付いたことは「多少休んでリセットされたとしても却って気が付くこともある」です。

この動画を見て、

これまではずっと「狙った弦のみを弾かなければならない」という観念で練習してきましたが、不思議と自分の脳内で「ブラッシング」「カッティング」「ミュート」「リズム」が一気に全部つながりました。
利き手を変えるほど悩んだピッキング、実はそんなに悩まなくても良かったのでは?と成長曲線が少し上向いた気がしました。

この動画のかた、とっさに出てくるメタファーが上田なみで分かり易すぎます。
物凄く参考にしてます。

レフティのデメリット「学習の際の教本などを脳内変換する」について

最初右で始めるときに、学習環境は右が有利と思って右を選びました。

左利きの場合ですと、指板図は確かに脳内を反転させる必要があります。
でもTAB譜は左利きでも上記のFretelloのように直観的に見れます。

そして左利きギター学習の最大のメリットは、YouTubeなどの動画はそのまま鏡面写しで真似れることです。

結局レフティを買ってからこの1ヶ月はずっとレフティで練習してきました。

ギターを始めて3ヶ月たった現在は、今後ずっとレフティにすると決めています。

一番最初に買った右利き用のギターの出番が今後は無くなります。
この最初のギター、オクなどで売っても良いんですけど、いつか子供が貸してというかもしれないと思うと

廣井「売るのはいつでもできるから」

まだしばらく残しておきます。

コメント